アイフルの金利やシステムってどうなってる?

アイフルでお金を借りれば、
当然ながら他から借りた場合と同様に、
金利が発生するシステムであることには違いありません。


商売で貸付をしているわけですから、
利息から儲けを得ているわけです。


年率でどのくらいの値が適用されるものなのか、
それを説明しましょう。


借入においては利子がどうなるかばかりに目が行きがちですが、
それと併せて気をつけたい点についても述べておきましょう。


キャッシング利用であれば最初は18.0%が多い

アイフルでお金を借りた時の金利は、
大きくまとめれば年率で4.5%から18.0%の間になります。


実際には利用するローンの種類や、
契約内容によってそれぞれ変わりますから、
一律で金利が皆同じというシステムではありません。


単純には借りる金額が数百万と大きければ金利は低く、
50万未満の小口での借入であれば、一番高い18.0%の値が適用されるでしょう。


50万未満の借入では金利は高いものの、
収入証明書の提出が必要なしと利用条件も簡素化されているので、
不満点ばかりが目立つわけではありません。


実際の話をすれば、アイフルのみならず、
キャッシングローンやカードローンを申し込んだ場合には、
最初は限度額が50万以下で契約となることが多いのです。


万が一の貸し倒れを避けるため、
貸したお金が使われる目的がはっきりしない限りは、
最初から貸付可能枠を大きなものには設定しないからです。


金利情勢に影響を受けない金利体型

アイフルからの借入での金利体型は固定金利制で、
借りたお金を完済するまでは契約時の金利が適用されるシステムです。


たとえ金利情勢の変化により軒並み、
ローン商品の適用金利が引き上げられても、それには影響されないわけです。


キャッシングローンやカードローンの類ですと、
変動金利で3年ごとに金利見直しといった場合が多いですが、
それとは異なるのです。


ずっと金利が同じままと言っても、
場合によっては金利の変更があるかもしれません。


それは借入限度額の増額により、
それに合わせて金利が下がるという場合がありえるからです。


例えば最初は18.0%の値が適用されていたものの、
増額により利用可能枠も100万を超えるようであれば、
少なくとも15.0%には下がることでしょう。


固定金利制であることは、
適用金利がやたらと変わりややこしいことにはなりにくいでしょう。


各ローン商品の適用金利について

アイフルに用意されたローン商品それぞれの金利を見ていくことにしましょう。


カードローンには一般向けのキャッシングローンと、
高属性向けのファーストプレミアムカードローンが存在します。



キャッシングローンでは年率4.5%から18.0%、
プレミアムでは年率4.5%から9.5%の金利です。


プレミアムの最低貸付額が100万のため、
それに合わせて金利の最高値も抑えられています。


それから女性向けに限度額を10万に限定した、
SuLaLiでは金利の値は年率18.0%です。



小口の借入に限定したシステムのものですから、
金利もアイフルでの最高値が適用されます。


そして目的別ローンでは9.8%から17.0%の年率で、
借りたお金の使い途をはっきり提示できるのであれば、
総支払額を抑えやすいです。


おまとめローンの類では年率12.0%から17.5%の金利、
事業用ローンでは6.0%から18.0%の範囲内です。


たくさん借りた方が金利も安く得なのか

アイフルでお金を借りたならば、
当然ながら返済のことも考えなければなりません。


元金だけでなく利子を加えて払っていくため、
最終的には元々借入した金額よりも増えてしまうことは心得るべきです。


大きな金額を借りれば金利が安くなることには違いありません。


しかし、大きな金額を借りたことでは、
毎月大きな金額を返済していかなければなりません。


アイフルでの返済では、
借入金額に合わせて毎月の最低返済額が設定されるシステムです。


ローンの種類により毎月一定額を支払うか、
もしくは最低額以上支払えばよいものかは異なります。


元々の借入額が大きければ大きいほど、
毎月一定の返済額もしくは最低返済額も大きくなるわけです。


毎月の返済額が大きくなれば大きくなるほど、
負担になりやすい面もあります。


たくさん借りた方がよいというわけではなく、
あくまでも必要な分だけの借入にとどめておいた方が無難ではあるでしょう。


大きなお金を借りれば適用金利も低いですが、
毎月の返済額が大きく負担になりやすいことには変わりありません。